おいしく健康 自由の部屋 macrochine.exblog.jp

産地見学 長野県 山之内 1

微生物で栽培している田んぼ
b0212334_2311453.jpg


山からの豊富な雪解け水を利用しています。
水はとってもきれいでした。

おたまじゃくしやカエルがわんさか。

収穫が楽しみです。

教室のみなさんにも、ぜひ産地をご紹介したいです。


微生物農法の利点

その1  通常の苗よりも少ない量の田植えで、同量収穫可能。
微生物農法だけに当てはまるものではありません。

その2  農薬と違い、毎年一定量もしくは増量していくのに対し、
徐々に微生物量を減らしていけるので、生産コストダウンが可能。
微生物資材(土壌改良材)もそうですが肥料も同様に減らしていけます。

その3  苗そのものの生命力が上がるので、虫がつかない
微生物の活動により生き物の抵抗力は向上しますが害虫が全く発生しないという訳ではありません。
主にカビ菌を主食とする害虫は抑制できますが、カビ以外の物を主食としたり植物を産卵場所に選ぶような害虫もいるので一概に虫がつかなくなるとは言い切れません。
しかしこの様な害虫対策も、(微生物以外で生産コストを削減する)提案が可能です。


ただ、微生物も生き物で、もともと生息していた在来の菌との
相性や匙加減がとても難しい。
そこは、農業のプロとの二人三脚で試行錯誤の毎日とのことです。
それだけ、気をかけられて育っているからこそ、おいしいのです。 


マクロビオティック料理教室開催します
日時:9月10日(土曜) 11時から14時

場所:東京マスダ学院 (総武線 平井駅 徒歩2分)
こだわり野菜たっぷりのお料理を作ってもりもり食べよう!
[PR]
by macrochinese | 2011-07-21 23:14 | 野菜